レンタルサーバーの契約方法

レンタルサーバーの契約方法

レンタルサーバーは、初めての方でも簡単に借りることができます。
基本的に無料サーバーも有料サーバーも契約方法は料金の支払いがあるかないかの違いくらいですね。

もちろんサーバーの性能や使い勝手、安定性は有料サーバーが圧倒的に良いですが、契約してからの支払いさえ済ませれば非常に快適なサーバー環境が使えます。

  1. まずは契約したいレンタルサーバー会社のHPにアクセスします。
  2. HPから各プランの内容、料金を確認し、サイト内で「お申し込み」のページへ移動します。
  3. 「お申し込みフォーム」に必要事項を記入します。(アカウント情報など)
  4. 記入した項目を再確認して、お申し込みボタンをクリック。
  5. お支払期限内に、所定の金融機関にてお支払い。(本契約)

なんと、契約方法は実際これだけです。ほとんどのサーバー会社では、「無料お試し期間」がありますので、実際にサーバーにログインし、コントロールパネルなどの使い勝手を確認してみてください。

料金のお支払いはその後でもOK、という会社がほとんどですね。また契約時にレンタルサーバー会社の用意したサブドメインが1つもらえる場合が多いですね。なので、独自ドメインをもっていなくても、もらったサブドメインでサイトを運用することも可能です。

ただし、あくまでサーバー会社のサブドメインなので、もし他社のサーバーに引っ越すとそのサブドメインは使えなくなってしまいます。せっかくなので、サーバー契約と同時に独自ドメインも所得するのが最善です。

また料金の支払いは銀行振込以外にもたくさん対応している会社がほとんどです。契約したい会社のHPからご確認ください。なお筆者は、コンビニ支払いで契約しています。

初めてサーバーを借りる時は、なんとなく緊張する部分もありますが、実際に行ってみると非常に簡単です。
ネット上の通販でお買い物をするのとほとんど感覚的に変わりませんね。

なお、サーバーを契約したその時からログイン、各機能を使える会社がほとんどです。ただし独自ドメインを設定してからすぐにサイトに反映されるのには少々時間がかかります。

契約したその日から、あなただけのサーバースペースが提供されます。たとえば50GBならそれだけ
たくさんのデータ領域が使えるわけです。実際にはそんなに沢山使いきれる方はなかなかいませんが、
自分だけが管理できるサイトが作れます。

レンタルサーバーの契約更新

サーバーの契約期間が終了すると、そのままではサイトが表示されなくなってしまいます。契約期間の満了する
前に、契約の更新を行う必要があります。だいたい契約期間が終わる1ヶ月前には、登録されているメールアドレスに連絡メールが来ますので、忘れず更新しましょう。

契約を更新する際には、初期費用はかかりません。月額料金を再度支払い、契約を更新します。1年契約でしたら、毎年更新していく感じですね。また他にも半年契約や3年、5年契約も可能な会社がほとんどです。

契約期間が長いほど、月額料金も割安になりますが、個人的には1年契約くらいがちょうど良いかもしれません。
5年契約も割安で良いですが、途中で他社のサーバーに引っ越したくなると無駄になってしまいます。

  

PR