レンタルサーバー運営記


レンタルサーバー運営記


 ■サイトを運営してみて感じたこと

このページでは、実際にレンタルサーバーをレンタルしてみて分かった事など、コラム形式で紹介していこうと思います。また、知人の体験談等も紹介します。

 

無料のホームページスペースを借りた方の失敗例

これはHP管理人の知人の話ですが、彼はとあるイベントのレビューサイトを運営しています。
とあるイベントで沢山の写真を撮影し、各イベント毎に綺麗に整理された画像を公開しています。
彼としては、かなりニッチなジャンルのサイトだし、あまりお金をかけたくないので、無料の某ホームページスペースをレンタルしました。

ドメインも、無料で使えるサブドメインの物にして、基本的に一切お金のかからない様にしました。
サイトを公開してからしばらくすると、ニッチなサイトとはいえ、結構レアな画像が豊富にあるため、そのジャンルではなかなかの人気サイトになっていきました。

こうなると、やはり気を良くしてよりサイトを充実させたくなるのが人情です。
その方は、サイトの訪問者がより喜ぶようにと画像のサイズも容量も大きくして公開しました。
一枚の画像あたり数メガの超高画質な画像は瞬く間に反響を呼び、一気に人気サイトになりました。

人気サイトですから、当然ながら他のサイトからも相互リンクの依頼をたくさん頂き、沢山のサイトと相互リンクを行った結果、そのジャンルでは知らない人はいないような、有名な人気サイトになりました。この間、約1年です。

多い日は数万PVになるようになった頃、その人気サイトの管理人のところへ、利用している無料ホームページの運営会社から一通のメールが届きました。

内容は・・・。「あなたのサイトのアクセスが多すぎてサーバーに負荷がかかっている。画像を圧縮して、かなり軽くするなりしてデータの転送量を下げてください.」とのこと。これには管理人もかなり困りました。画像は200枚を超えるのです。

まさに無料ホームページスペースの落とし穴です。最悪の場合、サイトを削除されても文句がいえません。いきなり削除される例もありますから、これはまだ良心的な方です。

その管理人の方はかなり困りました。これなら有料のサーバーにしておけば良かったです。しかも相互リンクもたくさん行っていますから、簡単にはサイトの引越しもできません。結局その方はサイト上の画像を一旦削除し、延々と軽い画像に差し替える作業に終われました。

知識のある方なら、その無料ホームページのサイトから301リダイレクトを利用して、ほかの所へサイトごと引っ越す方法も思いつくのですが、その方はそこまでの知識は無かった為に大変な思いをされたようです。

現在では、画像を20KB程度に圧縮して公開することで現在でも同じ所でサイトを運営されています。これなら、最初から有料のレンタルサーバーを借りていれば良かったですね。

 

PR