独自ドメインを所得しよう


独自ドメインの所得は重要項目です。


 ■重要な独自ドメイン

レンタルサーバーを借りるなら、同時に独自ドメインも所得しましょう。独自ドメインとは、ネット上の自分だけの住所のようなものです。これがあると、何かと便利ですので順番に説明していきます。

まず、独自ドメインを使うことでURLを短くできます。また世界に一つしかないホームページアドレスになりますし、料金を払う限りずっと使用できるのが特徴です。

また、借りているサーバーを引っ越す場合などは、無料サーバーならURLが変わりますが、独自ドメインならURLがそのまま使えます。これならば相互リンク先にも影響もでませんし、とても快適です。

ちなみにこのサイトも「senmonsite.com」という独自ドメインを所得して、「rental-server.senmonsite.com」というサブドメインで運営しています。URLからもうレンタルサーバーの専門サイトだとわかりますね。これがとても便利なんです。

独自ドメイン所得は速い者勝ち

このように便利な独自ドメインですが、好きなドメインを選べる半面、いいURLはドンドン所得されていきます。所得は速い者勝ちですので、なんとか好きなURLを決めて、急いで所得されることをおススメします。

貴方の好きな文字のドメインが所得できるか、ドメイン所得サービス会社のサイトでチェックもできます。一度確認されて見るのもいいですね。

やはり語呂の良いものは大概所得されている場合がおおいですが、その場合はより長い文字にしたりなどの工夫が必要になってきます。今後はその傾向がより強くなると予想されます。

ドメイン所得なら、この2社がおススメですね。

ムームードメイン ・お名前.com

 

独自ドメインの所得費用は?

基本的に年単位で契約します。ドメインによりますが年間1000円以下がほとんどですね。.comドメインは非常に安く、.jpなどはやや高いです。

安く独自ドメインを所得するコツとしては、各社のキャンペーンで非常に安く独自ドメインを取れますので、キャンペーン期間を狙って購入されるのも良い方法ですね。

また最近は「日本語ドメイン」も結構流行してます。その名の通り、日本語.jpなどのURLで、検索エンジンの検索にも上位に表示されやすく、注目を集めています。

ちなみに筆者も「100円pc.net」というドメインを所得していました。人によって好き嫌いもあるかも知れませんが、日本語ドメインもおススメです。

 

独自ドメインのメリット

まず、完全に好きな文字であれば愛着も湧きますし、料金を払っている間はずっと使えますが、一番大きいのは「まったく新しいHPアドレス」であることです。

実は中古ドメインの場合、検索エンジンからペナルティを受けているようなハズレの物もありますが、新しい、他に誰も使っていなかったアドレスならその心配もありません。

なので、念のため新規に独自ドメインを所得する際はそのドメインで一度検索してみることをおススメします。検索結果が0であれば、まず間違いなく新規の、誰も使用していなかったドメインです。これはアフィリエイトサイトにとっては死活問題なので、必ずチェックしましょう。

 

独自ドメインのデメリット

非常に便利な独自ドメインですが、多少のデメリットがあります。これは維持費がかかることですね。
これも年契約が基本ですが、毎年料金がかかり、また「.jp」や「.com」などドメインによって料金が変わります。
また最近値上がりされたドメインもあります。

要は「有料」なわけですが、独自ドメインにはそれ以上のメリットがあります。ドメイン使用料を払っている間は自分だけのドメインになるわけですし、これはサイト運営者の財産ともいえますね。

ドメイン登録業者は統一したほうが楽です。

ドメインを管理するとなると、契約期間、使用料金、更新手続きとやることがあります。複数のドメインを使用する場合、ムームードメインならムームードメインだけで一括してドメインを管理することをオススメします。

ドメインの更新を忘れにくくなりますし、1度のログインで全部のドメインの契約期間を確認できる利点は大きいです。

 

PR